外装塗装

塗装の基礎知識

外壁塗装の手順

ここでは外壁塗装の手順についてお話したいと思います。

(1)足場を作る

外壁塗装をするにあたって、まず最初に行うのが足場作りです。足場には種類がありますが、足場によって職人の仕事の仕方も変わってきます。常に落ちないようバランスを取らなければならない「単管足場」より、できるだけ「クサビ式足場」で仕事をします。「クサビ式足場」だと、より丁寧な作業が可能となります。

(2)高圧洗浄

次に外壁のカビを高圧洗浄して除去し、強力ジェット水流で、外壁と屋根のカビや汚れを落として下準備をします。水の出口になるノズルを長靴に当てると穴が開いてしまうほどの強さといえばわかりやすいでしょうか。壁からすこし離して、水流を扇形にして洗います。網戸やアルミサッシまで、家一軒まるごと洗浄します。特にコロニアル屋根塗装の場合は、水洗い不足が原因によって、塗装のハガレによるトラブルが多くなっています。コケや汚れの上から塗っても、素材にくっつかずに塗装が宙に浮いているのと同じです。外壁とは違い、コロニアル屋根の場合は、水洗いが完全でなければ、ハガレの可能性がとても大きくなってしまいます。

(3)塗り替える前にしっかりと補修

サイディングの目地や、モルタルヒビが再発しないように、塗り替える前にヒビを埋めて・腐食した木部の修理・補修をします。外観に木部が多く使われている家の場合は、見た目で判断できるものから、表面的には大丈夫でも中の下地が腐っているということもありますので、見逃さないよう根本的な修理をしてから塗装をすると家も長持ちします。 上から塗装すれば、見た目はヒビがわからなくなる場合もありますが、ただ隠れているだけですので、再発の可能性が高くなります。ヒビの奥までシーリング材が行き渡るように処置をします。

(4)下地調整

塗装をはがさせないために、塗る前の下準備をします。見た目ではやったかどうか見えにくい作業ですが、やるかやらないかでは塗装の耐久性に大きく差が出ることになります。

  • ほこりや汚れを取り除いて、表面をキレイにする。
  • ハガレ掛かっている古い塗装を取り除く。
  • サビを取り除く。

いずれも、塗装をはがさせないように密着させるために行なう下地調整という作業です。

(5)養生

次に養生をして、塗装が飛び散ってはいけないところを防ぎます。塗装しないようなところに塗料が飛び散って付着しなうように、ビニールや布などで覆います。車・植物・タイル・家一軒を塗り替えるには、養生をしなければいけないところはたくさんあります。新築の塗装では、吹き付けによるもまだまだあるようですが、家の塗り替えの工事では、ローラーによる仕上げがほとんどです。吹きつけと違いそれほど多くの塗料は飛び散らないように思えますが、やはり飛び散ります。

(6)外壁塗装・下塗り

外壁・鉄部・木部など家の塗り替えには、さまざまな素材が使われています。素材が変われば下塗りも替える必要があります。下塗りのおもな役目は、その上から塗る塗装をはがさせないように接着させることです。接着下塗り塗料で、塗膜を強力に密着させます。鉄部の下塗りは、サビ止め塗料を塗ります。いずれの下塗りも、仕上げの色とは違う色を塗ることになるので、下塗りが塗れていることが確認できます。またモルタル壁とサイディングでは下塗り塗料を替えて塗ります。木部は湿度によって収縮しますので、それに対応できる下塗り塗料を 塗ります。

(7)外壁塗装・中塗り

その後、塗膜に厚みを持たせるために中塗りをします。ヒビの多い壁は、より厚みを持たせてひびを防止するドロドロとした塗料で塗り替え、より塗装に厚みをつけるための塗装です。木部や鉄部は、壁よりも先に痛んでくるものです。壁は平気でも木部や鉄部が先に痛んでいる家は数多くありますが、その逆はほとんどありません。木部と鉄部には外壁と同等以上質のいい高品質塗料を塗ります。汚れや、カビが気になる外壁には、シンナー系の高品質塗料で再発を防ぐなど、家の傷みの状況に応じた塗装を施していきます。

(8)外壁塗装・上塗り

そしていよいよ最後の仕上げ塗装を行います。木部や鉄部の場合は、全てに同じ塗り回数よりも、痛み方による塗り回数のほうが、長持ちさせることができます。通常、外壁は3回塗りの3層仕上げをおこないますが、木部や鉄部は痛みかたによって、塗装回数を変えます。たとえば、日光がよくあたる方角と陰になる方角では、紫外線の影響によって、痛み方も極度に変わってきます。基本は3回塗装としていますが、陰の方角は2回塗りでも十分持たせられる状況の場合もあります。またその逆で陽がよくあたる方角では、痛みが激しくて4回塗りしなければ十分な塗膜が張ることができない場所もあります。

外壁塗装が終わったら

(1)確認作業

念入りに作業しているつもりでも、最終チェックで塗り残しを発見することも少なくありません。外壁塗装が終わったら塗料の拭き残し、塗り残しを最終チェックします。家全体をビニールなどで細かくで養生しても、塗料の飛び散りやはみだしなどは必ず出てくるものです。シンナーで細かく掃除していきます。足場を解体してからでは遅いので、現場責任の職人が念入りに最終チェックを行います。

塗料についてもっと知りたい方必見!

(2)足場解体・清掃後完了

確認作業が終わったら、足場解体後、清掃して完了・お引き渡しとなります。足場が解体されると、さらに美しくみえます。その後、掃き掃除をして完了、引渡しとなります。