外壁塗装の種類

塗装の基礎知識

外壁塗装に使う塗料の種類は非常に大まかに分類すると4種類に分けることができます。

具体的には以下の通りで、これは塗料の主成分となる樹脂の種類によって分類されます。

※()内は塗り替え時期の目安です。

  • アクリル(6年~7年)
  • ウレタン(8年~10年)
  • シリコン(12年~15年)
  • フッソ(15年~20年)

塗り替え時期が長いほど、塗料のグレードは上がります。そして価格も高くなります。つまりアクリル系樹脂塗料がいちばん安価で、フッソ樹脂系の塗料が高価になるわけです。

外壁塗装の塗料の種類

外壁塗装の塗料は実に豊富です。ただし、ひとつ系統をとっても溶剤タイプと水性タイプがあったり(溶剤タイプにも弱・強の違いがある)、形成される塗膜の硬さで見ても弾性タイプから硬性タイプがあり、さらに弾性塗料にも3回塗りの組み合わせによって微弾性~高弾性となり、なかには厚塗り専用の弾性塗料まであります。これに付加機能として低汚染性、防カビ性、防藻性、透湿性、断熱性、遮熱性といったものがついてきますので、外壁塗料の種類はかなり多いのです。

外壁塗装の塗料の価格

同じシリコン系でも1缶1万円を下回るものから3万円以上のものもありますので、シリコンだからウレタンより高いと一概に言えないところもあり、ウレタン塗装もシリコン塗装も工事価格で比較すると、さほど変わらないことのほうが多いかもしれません。

ヒビを再発させないために行う、塗装方法

全体を塗装する前に、ヒビの部分だけをあらかじめ最初に塗っておきます。それから、外壁全体にローラーで塗装します。要するに、ヒビの部分だけ4層になったり、ヒビが深刻な場合は5層になるときもあります。

ヒビ割れの主な原因

サイディング壁の家に住む方で、塗装工事を考えている方が一番気にしている場所は、目地(カベの継ぎ目)に埋まっているシーリングのヒビ割れです。塗装工事をする前に目地や窓周りに、何らかのシーリング補修の手を入れる場合が多いです。

そのヒビ割れの主な原因は、

  • シーリング材のヒビ割れ
    質そのものの劣化。新築からの家は、目地シーリングの上から塗装がされていないので、シーリング材がむき出しで紫外線の影響を直接受けるためです。
  • サイディングの断面からシーリング材が、はく離。
    施工時のプライマー(接着剤)不足。日に当たりやすい方角ほど、紫外線と熱の影響で劣化しやすい特徴があります。症状がひどいところは、目地だけではなく、窓まわり、換気口まわりなど、シーリングがしている場所すべてにおいて交換工事が必要な場合もあります。
  • モルタルの乾燥の過程におこる外壁のひび割れ。
  • 構造的な問題で、家自体にゆがみが生じて外壁にひび割れがおきるもの。
  • 地盤が弱い場所が原因で、家にゆがみが生じて起こる外壁のひび割れ。

サイディングのシーリング工事

サイディングのシーリング工事は2通りです。

  • (1)増し打ち・・劣化している目地シーリング材を除去することなく、上からシーリング材を足すだけの工事。
  • (2)打ち直し(打ち替え)・・カッターを入れて、劣化している目地シーリングを除去し、新たにシーリング材を注入する交換工事。

モルタル外壁塗装の下地処理

(1)外壁塗装のヒビ(クラック)割れ補修を行う

  • ヒビを再発させないために行う、施工前の処理は、細かい外壁のひび割れなら、ほとんど塗料で埋まってしまいます。塗料で埋まりきらないひび割れは、シーリング材を1回か、もしくは2回に分けて注入します。2回に分けることで、1回のときより奥深くシーリング材を注入することが出来ます。
  • VカットやUカットで修復する方法もあります。外壁塗装は技術、経験値をよそに机上の知識が先走りすることが多くありますが、Vカットが確実な方法という一方で、それをしなくても余計に予算を使わずに済むことのほうが多いのです。ただしその多くはRC(鉄筋コンクリート)の建物で多く行う方法で、一般の住宅では幅がよほど広い構造クラック以外は通常のシーリングでほぼ完了してしまうためあまり行いません。
  • ※ちなみにクラックだからと、なんでもVカットをしてしまうと手間と時間が掛かるためそれだけの予算も必要になります。Vカットをしなくてもほとんどのクラックの場合は、弾性塗料都の組み合わせで次の塗り替えまで再発することはありません。逆にVカットをするとその周りのボカシ補修の程度により、時間が経過するにつれて、模様の段差によっては汚れ具合が異なって目立ってきてしまうこともあります。

(2)ヒビを再発させないための塗料を塗る

ヒビに対応できる外壁塗料を塗ります。乾いて塗膜になると、ゴムのように伸び縮みしてヒビに対応するという塗料です。外壁は3回塗装なので、3回のうち1回塗りだけにヒビ対応の塗料を使うのか、それとも3回塗りすべての塗装で、ヒビ対応の塗料で塗るのかは、ヒビの多さや状況によって判断します。ヒビが深刻でしたら、3回塗りともヒビ対応の塗料で塗る必要があります。