塗装と光触媒

塗装の基礎知識

光触媒

光触媒は 『光が当たることによって様々な有害物や悪臭、汚れなどを分解し、快適環境を繰り返し作り続けます。』 という事です。光触媒加工された表面に、空気中を浮遊しながら近づいてくる「細菌・雑菌・カビ菌・ウイルス・シックハウスの原因となる化学物質・悪臭・ヤニ汚れ・・・」の有害物質などを光の力で分解無害化してしまう作用があります。その正体は「二酸化チタン」です。

二酸化チタン

チタン合金は軽くて丈夫、体に良いと、現在もてはやされているおなじみの金属。その主原料のチタンを酸化させたものが、「二酸化チタン」です。二酸化チタンは『太陽光や室内照明などから出る日常的に存在する光の力』を受けることによって、その表面で強力な分解力が生まれます。

光触媒コーティング

光触媒コーティング材を直接コーティングし造膜するので、光触媒体の分布密度が違います。光触媒コーティングは親水性・殺菌・防カビ・空気浄化など、光触媒の機能をフルに活かした光触媒コーティング材を使用して 汚れや菌類に強いのが特徴です。

  • 光触媒・・・光触媒(酸化チタン)に光(紫外線)があたることで「分解力」と「親水性」を発生させます。これにより、「セルフクリーニング効果(防汚効果)」と「空気浄化効果」などが発揮されます。
  • 分解力・・・光触媒である酸化チタンに光(紫外線)があたると酸化チタン表面に分解力(酸化還元)をもつ活性酸素が発生し、さまざまな有機物を分解します。カビや細菌の繁殖や、汚れのこびりつきを抑制するとともに、大気汚染の原因となる窒素酸化物や硫黄酸化物を分解し、空気を綺麗にします。
  • 親水性・・・水をはじく「撥水性」に対し、水のなじみがよくなることを「親水性」と言います。水が汚れの下に入り込み、浮き上がらせることによって、汚れが流れ落ちます。

光触媒のコーティングはこんな方におすすめ

光触媒の抗菌効果があり、細菌やウイルスまでも殺菌するので、

  • アレルギー体質のお子様がいらっしゃるご家庭
  • 細菌やカビなどが気になる方
  • O-157を初めとする各種ウイルス対策

にお勧めです。

光触媒の防臭対策

  • 一般的な消臭材と違って臭い成分そのものを分解してしまう。
  • タバコやペットの臭いが気になる方。
  • トイレやキッチンの臭いが気になる方。

光触媒の防汚対策

  • 汚れを分解し、親水性によって汚れを簡単に落とせる。
  • 外壁や塀などを汚れから守りたい方。
  • 浴室、キッチン、トイレなどの掃除の手間を省きたい方。

光触媒と無光触媒

二酸化チタンを出発点としたコーティング材はさまざまな特徴を持ったものがあります。その長短はいろいろです。コーティングに当たってはお客様のニーズに合ったコート材の選定と施工プランが必要になります。

  • 光触媒である二酸化チタンをバインダー(下塗り材)を用いてコーティングするタイプ。
  • 銀や銅などの金属粒子を二酸化チタンに担持させることによって紫外線の当たらない場所でも抗菌効果をねらったもの。
  • 二酸化チタンをアパタイトで被覆することによってバインダーを必要としないタイプ。
  • 塗料の中に被覆二酸化チタンを練りこんだもの(光触媒塗料)。

無光触媒

二酸化チタンとリン酸とを反応させて出来るリン酸チタニアは光触媒と同様な効果が得られています。その原理については未解明ですが、その効果については公的に立証、認定されています。

パラサーモシリコン仕上

主に屋根の塗り替えに採用される場合が多く、太陽光に対する反射率の優れた着色顔料と、熱放射率に優れたセラミックを採用することで、遮熱性能を高めています。従来の屋根用塗料と比較すると、温度上昇を抑えるとともに室内への熱の侵入を遮断し、室内温度の上昇を抑えることができるので、エアコンなどの空調設備の省エネ効果に性能を発揮します。

環境問題と光触媒

実用化にはまだまだクリヤーしなければならない問題も多いですが、これからが楽しみな分野だと思います。化石燃料を大量消費するようになって半世紀になります。地球の大自然が数十億年かかって生み出したこの資源を現代人は僅か一世紀で使い果たそうとしています。その結果もたらされた環境問題はあまりにも重大であり、深刻な事態と言わざるを得ない危機的な状況です。このような状況下で人工エネルギーに頼らない自然に優しい技術、光触媒が環境浄化、環境改善の分野で益々期待されています。